パソコン操作

JWキャド

もくじ
TOP
入力
WindowsXP
拡大鏡
インターネット
メール
WORD
EXCEL|
PDF
筆王
ラベルプロデューサー
ピクチャー
スキャナー
デジカメ
ホームページデザイナー
ホームページビルダー
Autocad
Jwcad
スペースホ−ム
音楽プレイヤー
SEO


●マイピクチャーのJPG画像をBMPに変更する方法
マイピクチャー⇒右ク⇒編集⇒ファイル⇒名前を付けて保存
⇒マイピクチャーで保存ファイルノのモンクロBMP選択⇒保存

●線の伸縮

伸縮

伸縮を使うには、ツールバーの中から伸縮のボタンをクリックします。あるいは
メニューバーの編集→伸縮でも使えます。

伸縮は、線や円弧を指示した位置まで伸縮させます。
線を基準点まで伸ばすには、伸ばす線や円弧を左クリックした後に、伸ばす位置を指示します。




線を基準線まで伸ばすには、伸ばす位置の線を右ボタンでダブルクリックします。
その後、伸ばす線や円弧を左クリックします。

線を基準線まで縮めるには、縮める位置の線を右ダブルクリックし、
その後縮める線や円弧を残す側の位置で左クリックします。

*応用例 基準線までの線の伸縮を応用して、以下のように使うことが出来ます。1で斜めの線を
右ボタンでダブルクリックし、2,3,4と左クリックすれば右図のようになります。

線を基準点まで縮めるには、縮める線や円弧を残す側の位置で左クリックし、
その後に切断位置の基準点を指示します。



コントロールバーを左側から順に説明します。

一括処理

基準線まで一括して伸縮させます。一括処理をクリックした後、基準線を左クリックします。
始線(点)・終線(点)を左クリックします。最後に処理実行をクリックします。
上記の「*応用例」と同じ結果ですので、私は応用例のほうを使っています。

突出寸法

基準線に対しての伸縮時に、基準線から突出させる寸法を指定します。

切断間隔-切断寸法を入力します。

伸縮のコマンドの中にありますが、単に線を切断するだけのコマンドです。
線上で右クリックで指示します。切断間隔で、切断時の間隔(図寸)を入力しておきます。

実寸

切断間隔寸法が実寸になります。



●線幅の変更
設定-基本設定-色・画面-線幅を表示倍率に比例して描画にチッェック-(印刷時に)にチェック
-線幅を1/100mm単位とするにチェック- 
設定-線属性-SFX拡張線色・線幅にチェック-線幅(・・・・)に線幅入力-作図
●鏡面-1
JW元図作成-スキヤン-マイピクチャーに保存-右クリック-編集-変形-反転と回転-垂直・水平・角度選択
-OK-上書き保存-マイコンC-jww開く-マイピィチャーからjwwへドラッグ-jww開く-A-文読む-100⇒倍率変更
●鏡面-2 (A4の1/4はがきサイズ)
JWで元図作成-スキャナーーマイピクチャー-アクドスで編集-アクドスforpentax3.0-トリミング
-編集の完了-修正-回転・反転-一括変更-5-
回転を作成する-保存-マイピクチャー-この画像を印刷-詳細-写真・モノクロ
-シャシンFAX-印刷
●書類データーを取り込む
スキャナープリンターー画像を取得ー白黒テキスト(BTM−)プレビュースキャン範囲を選択ー次へ
ー保存場所等選択ー次へー完了
※JWはBTMファイルしか取り込めません。JPG画像は取り込めません。
JW−字ー文字(A)ー文読ー左クリックー画像左下クリックー文字bmp,100の数字を変更して倍率を調整する


■JWのダウンロード
http://www.jwcad.net/
■図面の印刷
ファイル-印刷-印刷
■面の印刷の範囲位置を変える
ファイル-印刷-範囲変更-画面任意位置で左クリック-印刷
■カラーて印刷する
設定-線属性-色選択-OK-線を描く-印刷-カラー印刷-範囲選択-印刷
■印刷のサイズ
ファイル-プリンターの設定-プリンター設定-用紙サイズ選択
■印刷の横向きと縦向き
ファイル-プロパティ-ページ設定-印刷の向き 縦・横選択-OK
■.印刷時に倍率を変える
印刷-倍率K-任意倍率入力
印刷時の文字の色-編集-範囲選択-属性変更-文字色変更-OK・又は選手変更-カラー印刷-印刷
■JWCADのデーターをPDFファイルにする
CubePDFのインストールーJWファイル開くーファイルー印刷ープリンター名CubePDF選択
ーOKー範囲設定ー印刷ーcubePDFー変換
■縮尺
設定-縮尺-読み取り設定-1/1-OK
   or画面右下S=1/1-OK
※この場合文字はそのままの大きさです。
■■■同図面内で縮尺を変える
設定-縮尺-読み取り設定-縮尺設定・図寸固定にチェック
※「寸法」も同様に読み取る

■■■図面を拡大・縮小する際に、
図面内に記入されている文字列も同倍率で拡大・縮小させる方法
編集-図形複写or図形移動-選択-選択確定-作図属性-作図属性設定
-文字も倍率にチェックを付ける-倍率入力等編集-文字大きさ任意の大きさに縮小・拡大される(点マ
ーカーも同様)
■ツールバーの表示:表示-ツールバー選択チェック-OK
         orアイコン右K-チェック

■ズーム

WKで右下⇒左上へドラッグして離す・・・縮小
WKで左下⇒右上へドラッグして離す・・・全体画面
WKで右上⇒左下へドラッグして離す・・・前の倍率
WKで左上⇒右下へドラッグして拡大する範囲を確定し離す・・・j拡大

■画面上の図面移動
動かす反対側でWKして離すと移動す

■四角形
作図-矩形


■文字を書く

画面大きく表示(下記参照)キーボード[A]-文字入力-画面上任意位置で左クリック


■寸法
作図-寸法

寸法の文字サイズ等の変更
設定-寸法設定で「文字の種類」を確認-基本設定-文字で確認した線種のサイズを変更

■軸角・目盛・オフセット

軸角・目盛・オフセットを使うには、ステータスバー右の
表示されている中から、をクリックします。あるいは、メニューバーの設定
→軸角・目盛・オフセットのメニューを出して使います。終了する時は、
左上の軸角設定のチェックを外します。

軸角

図面を斜めに傾けて作図したい時に利用します。座標入力時の軸を
傾けて行えるようになっています。図面を右に45°回転させたい場合には、
軸角を45°に設定します。逆方向に回転させたい場合には、
マイナスの角度を設定してください。例えば-45°のように入力します。

目盛

作図ウインドウに目盛を表示したい場合に使います。この操作の時、OFFのチェックを外し、
1/1,1/2,1/3、1/4,1/5のどれかにチェックを入れると目盛が表示出来ます。なお、
1/2,1/3などの意味は目盛と目盛の間も読み取り出来るという事で
1/2なら目盛と目盛の中間1/3は目盛と目盛の間の1/3のポイントをキャッチできます。
1/1は目盛の点のみキャッチします。

目盛間隔(図寸)

図寸での目盛間隔では、縮尺1/1で5mmなら縮尺1/10では50mmになります。

基準点設定

目盛点の基準点を設定します。作図の進行に合わせて適宜基準点を変更していくと、
作図効率が上がります。

実寸

実寸間隔で目盛を指定したい時は、実寸の項目をチェックして下さい。

表示最小間隔

目盛の点の間がここで指定したドット数以上にならないときは、目盛の点は表示されません。
最初に、ソフトの動きを確認する時は最小の5くらいを指示した方がいいかもしれません。
確認が終わったら、作図状況にあわせてドット数を変更して下さい。

読取【無】

ここにチェックを入れると、目盛表示はしますが目盛点の読取をしません。
*目盛の点の大きさや色を変えたいときは、メニューバーの設定
→基本設定→色・画面→線色2の色や線幅変更で変える事が出来ます。 
線色2が目盛点の、色や大きさなどに関係しています。

オフセット

図形などをずらして書く時に使います。目盛点で考えると、
始点を右クリックし10,10ならX方向に10Y方向に10ずれた位置をキャッチします。
もちろん、目盛点以外の図形に対しても有効です。 オフセット1回指定 
オフセットが1回のみで終わります。 オフセット常駐   オフセット機能が常駐します。
解除したい時はチェックを外してください。

■■■autoファイル⇒jwwファイル 
auto-名前を付けて保存-jwwの保存フォルダー-保存形式dxf-
保存-jww画面-ファイル-dxfファイル開く

■ファイルを送信
:ファイル-ファイル操作-送信
■複数の図面を送信
マイコン-Cドライブ-JWW-ファイルK-Ctrlを押しながらK-・・・・-右K-送る-メール受信者-メ−ル送信表
■ファイルの削除:マイコンピューターードライブC-○フォルダー-○ファイル-右K-削


■作製作業一つ元にもどる

キーボードEsc
※文字・線一つ前画面にもどる

■ショートカゥットキー
設定-基本設定-KEY

■縮尺
設定-縮尺・読み取り設定-例えば1/1-OK
■縮尺
画面右下のS=1/1を変更
■■■同じ図面内で縮尺を変える
設定-縮尺・読取-縮尺入力-図寸固定にチェック
※図面複写でレイヤーも複写

■ツールバーの表示:表示-ツールバー-l選択チェック-OK
■ツールバーの表示:左縦ツールバーのアイコン右K-選択チェック
■クロックメニュー:マウス左or右押しながらドラッグ回転で表示、離して選択
■ハッチ:作図-ハッチ-線K・線K・・・一番目Kの線Kで確定-角度・ピッチ等確定・実行
■曲線サイン:作図-曲線-サイン曲線にチェック-基準線-原点-幅-サイクル-始点-終点

■2次曲線:作図-曲線-2次曲線にチェック-基準線-頂点-中間点-始点-終点

■スプライン:作図-曲線-スプラインにチェック-始点-中間点-終点1・終点2.・・・・作図実行
■円・円弧:作図-円弧-円の中心点-円弧の始点-円弧の終点
■円の部分消去:円K-K-K反時計回り
■寸法:作図-寸法
■反転:複写or移動-K〜K-基準点変更-K-反転-基準線K
■書いてある線種変更:編集-範囲選択-K〜K-指定-線種変更-線種選択-OK-OK

■表計算
その他-表計算-範囲内合計-左K〜右K(or選択確定K)-画面上K
表計算の郡の考え方は郡の一つ一つを加減乗除する
■距離測定:その他-距離−距離測定-線の橋右K・右K-測定結果書き込み-任意K
■面積測定:その他-測定-面積測定-測定図コーナ^右K・右K・・・測定結果書き込み-任意K
■角度測定:その他-測定-角度測定-中心点右K-一方の線端右K-もう
一方の線端右K-測定結果書き込み-任意K
■測定点表示:その他-距離指定点-基点右K-距離入力-線端K

■■■線の基本設定をする:設
定-基本設定-色・画面-画面要素設定-プリンター出力要素設定-OK
※レイヤー関係なく、作図後でも一括変更する。
線の端の形状:設定-基本設定-色・画面-端点の形状-丸・四角・平選択
■点線のピッチを細かくする:設定-基本設定-色・画面の設定-「線幅を1/100mm単位にする」にチェック
※ここにチェックが無く、その下の「線描画の最大幅・・・」の値が+の値であった場合は、
線幅や線種のピッチの数値はドット単位になります。
例えば2種類の出力機器がそれぞれ600DPI、400DPIであれば1:1.5になります。
1/100mm単位の場合はドットに影響されません。
※既に作製済みの図面でも一括して点線は細かくなります。


■画像の挿入:
作図-文字-文読-ファイル選択(BMP形式)-JW図上でWK
※スキャンする場合⇒白黒・テキストの方がカラーより鮮明ーACDeeで編集ートリミング
※印刷はグレースケールが鮮明
※Jpeg画像をBMP画像にするフリーソフト
http://www.gigafree.net/tool/encode/⇒Morz Image Converter

エクスプローラの右クリックメニューに、画像変換機能を追加してくれるソフト。
画像ファイルの右クリックメニューから、直接フォーマット変換を実行できるようにしてくれます。
対応しているフォーマットは、JPEG / JPEG 2000 / GIFF / PSD / TIFF / BMP / PNG / ICO / PCX /
TGA / PXM / WBMP / PS / PDF。

「Morz Image Converter」 は、右クリックメニューから使える画像変換ソフトです。
JPEG / GIF / PNG / PSD / ICO / BMP / TIFF / TGA 等々の画像ファイルを、右クリックメニューから
直接他のフォーマットへと変換できるようにしてくれます※1
※1 JPEG / PNG / TIFF に変換する時は、出力画像の品質 / 圧縮率 を設定することができ、ICO に
変換する時は、マルチプルアイコンにすることができる。
(ただし、ICO に格納できる画像は、64 x 64 / 32 x 32 / 16 x 16 の3 種類のみ)

単一のファイルを変換できるのはもちろん、複数のファイルをまとめて変換することもできたりします。

使い方は以下のとおり。
ダウンロード先のページでは、「Saving into 14 most popular formats」 というテキストの下にある
「Morz Image Converter」 というリンクをクリックします。

  1. まず、「Morz Image Converter」 をインストールします。
  2. フォーマット変換を行いたい画像ファイルを右クリックし、「Convert Image (s)」 を選択。
    複数選択可
  3. 「Morz Image Converter」 のメインウインドウが表示されます。
    最初に、上部の
    • 「Image Formats」 欄で、変換先のフォーマットを、
    中段の
    • 「Quality」 欄で、出力画像の品質を
    それぞれ指定します※2
    ※2 「Quality」 を指定できるのは、JPEG / JPEG 200 / PNG のみ。
    ICO に変換する場合は、アイコンに格納する画像の種類を指定することができます。
    (通常はそのままでOK)
  4. 必要であれば、中段の 「Save」 タブを開き、ファイルの出力先フォルダを指定しておきます。
    (指定しない場合、元のファイルと同じフォルダ内に出力されます)
  5. 最後に、左下の 「Convert」 ボタンを押せばOK。
    画像の変換が行われます
■画像の挿入
画像をJWWの同じホルダーに保存する事。
違うホルダーだと作図の時点では表示されるが、再度表示の際には、
表示されない。
文字--文読-ファイルの選択-図面上クリック
■画像の縮小・拡大:作図-文字-画像左下K-文字BOXの・・・,bmp,100,75の100の数字を変更する。
例えば2倍は200.

■画像のコピー:
編集-範囲選択-左K〜右K-コピー-貼り付け
※JWでは画像は文字と同じと考える

画像の削除:
文字-画像左下-文字BOXの文字削除
画像の移動:文字-画像左下-文字BOXの文字削除

線の幅を変えて印刷する
:設定-基本設定-色・画面-画面要素設定-プリンター出力要素設定
-線幅を比例倍率に比例して描画(印刷時に)にチェック-OK
補助線:設定-線属性-補助線-OK
複線:編集-複線-線クリック-入力-線のどちらかをクリック-連続K
多角形:作図-多角形-中心、重点距離-寸法-画数-クリック
伸縮:編集-線伸縮-線クリック-伸ばすK-直交線WK-伸縮線K


作製図面のコピー

(1)編集-図形複写-範囲選択(左クリック・ドラッグ・右クリックで文字も選択)-選択確定-左クリックで図形複写
(2)編集-範囲選択-左クリック・ドラッグ・右クリックで文字も選択確定-編集-コピー編集-貼り付け
-左クリックで貼り付け
(3)その他-図形登録-選択-選択確定-図形登録-新規-名前入力-OK
図面呼び出し-その他-図形-選択-Wクリック
※複写した図面のレイヤーは分けられていない
図形登録:その他-図形登録-範囲選択-選択確定-登録基準点 右-図形登録-新規-名前-OK


■レイヤー

レイヤーアイコンを右K
■レイヤー一覧
書き込みレイヤーを右K
■レイヤー非表示
書き込み以外のレイヤー左K
■レイヤー表示のみ(数字のみ)
 非表示レイヤー左K
 ※コピー・消去等もされない
■レイヤー書き込み可能(数字に丸)
表示のみを左K
※各レイヤーの編集がされる。
※レイヤーで書き込んだコンテンツは複写・移動は他のレイヤ−書き込みで編集しても元のレイヤ−書き込みとなる。
他のレイヤーへの移動はコピー・貼り付け。但し貼り付けたコンテンツはレイヤーはコピーされていない。
■■■レイヤーもコピー
範囲選択-コピー-貼り付け-作図属性-「作図属性設定」画面-「□◆元グループに作図」にチェック-OK
-貼り付けたい場所でクリック
※「元レイヤグループに異なる縮尺があります」が出れば-OK
■同じレイヤー内で縮尺を変える
設定-縮尺・読取-縮尺入力-
図寸固定にチェック
※図面複写でレイヤーも複写
■レイヤー毎に線の色を変える
設定-線の属性-線色選択-OK
※印刷時の色を付ける場合は印刷-カラー印刷にチェック
■図面のレイヤー分類もコピーする:
編集-図面複写-範囲選択-属性選択-
全選択-選択確定-左クリックで複写
※同図面での複写・移動はレイヤーもコピーする。
※レイヤーで表示のみにも右クリックのピンポイント吸着は有効。
※保存・控えは名前を付けて保存で別名前で保存するとレイヤーも保存される。
■各レイヤーの複写は他のレイヤーに貼り付けても、
元レイヤー表示せずで消える
コピー貼り付けなら消えない


用紙サイズ
設定-用紙サイズ
ト※作図後の変更可能、表示画面の大きさが変わるだけ。

線種の選択
設定-線属性-線種選択-線色選択-OK
※線・四画・丸・2線の線が設定される
線幅:設定-基本設定-色・画面-画面要素・プリンター出力要素入力

文字の設定

設定-基本設定-文字-設定-OK
※寸法・一般文字の基本設定
※既に作製した文字種も変更の□有り
文字の倍率を一括して変える:編集-複写-範囲選択-選択確定-作図属性-文字も倍率にチェック-OK
文字種変更:作図-文字-サイズ欄クリック-書き込み文字種変更-OK
※色んな線種で選択可能
※文字種は基本設定で設定したもの

寸法の文字・線の設定
作図-寸法-設定-文字種・引き出し線等設定

複写で倍率で寸法はどうなる:複写・移動・コピー-倍率任意入力
-線等倍-寸法線・引き出し線同倍率-寸法文字変わらず

図面の縦横の倍率を変える
図面移動-範囲選択(ドラッグで囲う)-倍率欄に1入力-変更の倍率の変える
-Enter-任意位置を指定(任意位置で左or右クリック)
※コピー・複写・移動・パラメトリツク変更等で倍率欄にX,Yの任意の数字を入れる。
※数字入力の時一旦左側の数字だけ入れ、EnterキーでX,Y同じ数字が出る。
その後数字を訂正する。
※平面図等の設計モヂュール変更には良いが柱・壁・建具等も倍率が変わる。


四角形の基点を変更する
四角-寸法入力-作図-編集-複写-基点変更-右クリック-基点変更で連続複写

画像を挿入
文字入力-文読-マイコン-jww-画像ファイル選択-開く-jww画面上任意左クリック
-同ポイントクリックで入力欄100・80・・・の100を変える(80%は80)
※画像を他のフォルダから取り込むとその画像を削除・変更すると消えます。必ずjww同フォルダーに保存し、それから取り込む。

画像の編集1
:切り欠く等はマイピクチャーにファイル保存-ACDSee編集-トリミング-範囲選択-完了
※保存はBMP(ビットマップ)
画像の編集2
マイピクチャー編集-消しゴム・塗りつぶし・鉛筆(自在・曲線)・色作製

JWで作製した図面をWebで公開:Jwデーターを開く-キーボードの「prtsc/SysRq」か「PrintScreen/SysRq」を1回押す-ホームページビルダー開く-ツール-ウェブアートデザイナーの起動-編集-貼り付け-切り取る-範囲選択-右クリックでコピービルダーファイルに貼りつけ(又はjpegかzifで保存)

面積計算
その他-測定-右クリック-右-右-右-測定結果書き込み-左クリックで書き込み

■作製された書類を修正液で消して、上から訂正文字や線を描く方法(実寸作図)
書類スキャン-BMPでマイピクチャーに保存-Jwcad起動-A・文字選択-文読-マイピクチャーに保存した書類選択-Jwcadで任意点(書類の左下基点)左クリック-書類が貼り付く-CAD上書類寸法を計測(計測線を引いて寸法)-実際書類寸法計測-JWcad書類左下基点クリック-実際とCAD.上の寸法倍率を「・・・・・a2 007.bmp,100,73.0952」の100を書き換える。-設定-線属性-補助線-□選択-修正箇所囲む-作図-多角形-任意-ソリッド図形-任意色チェック-任意-色選択-□の四隅の点を右クリックでおさえていく-最初の点へ戻ったら-作図-上から描ける
※注意点 印刷する場合任意色で白はうつらないが囲む線は印刷されない補助線にしておくこと。
※修正液で塗った部分は、複写-範囲選択で塗りつぶしで表示される。

■色塗り-1
四角-ソリッド-任意色
■色塗り-2
多角形-任意-ソリッド図形-任意色-色設定-色選択-OK-(or円・連続線指示-右クで円は黒く)
右クリックでポイントを順次押さえる-点線に変わる-作図-色が塗れる
■□-ソリッド-任意色-囲う-クリック
■画像の文字を書き換える
設定-線属性-補助線種-OK-変えたい画像の文字を四角で囲む-上記色塗りの作業で白色を塗る
-文字を書く-印刷
接線(二つの円の接線):作図-接線-長さ入力-円K-円K
接円(二つの円の):作図-接円-円K-円K

オートキャドの図面を読み込む:JWWdXFを開く-

■日影図
その他-日影図-真北-方位線の真北の側をK-高さ-高さ入力-図面上のPOINTをK-測定高さ1.5M、
緯度36度、季節冬至、測定時間帯9〜15時-日影図-1時間・30分毎選択K-影倍率表-図面上K
-日影長さ表-方位各倍率図-図面上K 
日影図の確認:アイソメ図の確認

透視図:その他-2.5D-高さ-奥行き(建物の奥行きではない。通常0)入力-コーナーK-
透視図他-左右上下選択

設定の縮尺を変更する:全レイヤーの縮尺が変更される。
寸法の文字を変更する:設定の寸法設定で文字の種類が設定されています。
その文字の設定は設定の基本設定の文字で設定されています。

■線の整理
編集-データー整理-範囲K〜K-重複整理or連結整理-整理線数表
■反転
編集-移動or複写-範囲選択K〜K-基準点変更-K-反転-基準線K


■JWWとJWCとJWKの違い

JWC(JWW)データは、JW_CADの図面データ。
サンプル図面とか、図面枠とか、そういうデータをアップしたい場合には
こちらの方がいいかも。

JWK(JWS)データは、JW_CADの図形データ。
シンボル(記号)とか、部品データとか、そういうデータならこちら。

使う側が、データをダウンロードして、自分の図面にデータを埋め込む
というような場合には、JWK(JWS)の方がいいかも。
(まぁ、JWC(JWW)でアップされていても、図面間複写をすればいいだけ
 ですけれど)

ちなみに、もう今なら、JWW、JWS、で提供される方がいいと思いますが。
私的には。


JWC形式とは、JW_CAD(MS-DOS版)の図面データ形式です。
JWK形式とは、JW_CAD(MS-DOS版)の図形データ形式です。
JWWは、JW_CAD(MS-DOS版)から色々な仕様変更、機能追加がされていますので、
JWC形式/JWK形式で保存する際には以下の点に注意する必要があります。

 
・データ精度は単精度型になります
 (誤差が大きくなりますので注意して下さい)
・線色7,線色8,補助線色は、線色6になります
 (色は線幅と1:1対応しますので、
  印刷結果の線の太さも変わってしまいます)
・任意サイズの文字は、近いサイズの文字種1〜10のどれかになります
 (文字ピッチも変わりますので、表内文字などがずれる場合もあります)
・文字フォント情報は消えます
 (ゴシック体・明朝体の差異等が無くなります)
・ソリッド図形は、その輪郭線と三角形分割線になります
 (必要ならばハッチングをしておく方が良いでしょう)
・寸法図形は解除されます
 (JWWで読み込む場合には、後で寸法図形化を行う必要があります)
・ブロック図形は解除されます
・レイヤ名が半角8文字(全角4文字)、
 レイヤグループ名が半角14文字(全角7文字)、に省略されます
  ※この際、最後の全角文字の第1バイトだけが残ってしまい
   不具合の原因になる可能性がありますので注意して下さい
 
★上記のようなデータ欠落を防ぐためにも、
 図面データは、JWW形式で保存して下さい。
 図形データは、JWS形式で図形登録して下さい。
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請memo